ソマリアの海賊とは.....
ソマリアは1991年頃からの内戦で国が崩壊してしまった、
現在、世界で最も貧しい国の一つだ。
当初、アメリカを中心とした国連軍が武力制圧を試みたが
さして戦利品(地下資源)もないと知るとあっさりと引き上げた。
国際社会は以来放置状態である......。
軍事介入した当初は「ソマリアの人々のため」「人道支援」云々...
それらを称えた偉い政治家や国際社会は今や知らんぷり....
搾取するものがさほど無かったからだ。

国連はソマリアで問題になっている海賊対策として決議1816、1838を発令
大小の国の海軍がソマリア海域に集結して「海賊退治」をするらしい....
ソマリアの海賊はこんな船に乗ってる....

これに対してまぁ軍艦てのはこんな感じですか....


日本では憲法9条をまげてまで海上自衛隊の派遣を行った。
今、盛んに話題になっているのは「海外での武力制限の暖和」である......
なんでそんな議論になるのか、それが日本の国益だぁなんてのは....
先にやることがあるだろうにと思うけど...

さて、国連安保理の決議とは言ったって、この決議にはソマリアは勿論
アフリカの多くの諸国は反対した....しかし、当然無視された。
それでは、当事国ソマリア共和国の言い分と客観的な見方をしてみましょう。

まずソマリアはとても貧しい国です。
325万人の人が食料の援助を必要としています。
ソマリアの子供達は6人に一人が深刻な栄養失調に陥っていて
4人に一人の赤ちゃんは
5歳の誕生日まで生きる事が出来ません。

ソマリアはアフリカの中でも最悪な治安で、緊急を要する人道危機に陥っています。
そんな混乱したソマリア政府ですから、自国の領海を自衛することもままなりませんでした。
そんな中、国連加盟の欧米や日本を含む東アジア諸国は
大規模な漁船団でソマリア沖の豊な漁場から、無作為に自分勝手に
大量の魚を奪っています.....ルールなんてありません。
ソマリアの小さな漁船なんか蹴散らして取り放題です。
その金額は年間300億円とも400億円とも言われています。
そして、他国の工場船は産業廃棄物や放射性廃棄物を不当にソマリア沖に投棄しています。
小さなソマリア政府は当然、国連に抗議、報告しましたが.....
無視されました。

漁獲量が少なくなって、生活が出来なくなった漁師たちが
海賊業に参入しているとも言われています。
それでもやっぱり、ソマリアの人たちは貧しくて食べるものがありません。

私たち日本の食卓には世界中の魚が並んで
こんな不況だとは言ってもとても豊です。
自分たちの富と安全を守るために、海外に軍隊を派兵して
武力まで行使するような事は.....まともに考えたら....
出来ないはずですね。

どっちが海賊なんだか......

ソマリアの海洋資源の破壊行為は海によって細々と生計をたてている
ソマリア沿岸社会に対する「海賊行為」ではないのか?

| Nonsense 戯言 | 10:07 AM | comments (1) | trackback (0) |
すごくかわいそう。こんな国に生まれてくる子供たちのために、少しでも
何かしてやりたい。そう思った。
| さあ | EMAIL | URL | 2014/03/17 04:44 PM | G8rLtB6Q |











http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/407
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■