現代版「ノアの方舟建設計画」をご存知だろうか?
TPPが唐突に話題になってから、その内容を知るに連れてある2007年頃から一部で話題になっていた事と結びつき合点がいった。
2012年の終末論を真に受けてでは有るまいが、2008年北極海の小島に「ノアの方舟計画」は実現された。

この計画を推進しているのはノルウェー政府であるが、資金面で協力してきたのがビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金(ビル・ゲイツ)とロックフェラーなどのヘッジファンドの帝王達だ。

ノルウェーのスピッツベルゲン島に建設された「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」と言われているのが「ノアの方舟」にあたる。計画の内容が「種子の保存」である。それだけ聞けば至極あたりまえのように思うかもしれないが、この計画に関わっているのは米国の巨大アグリビジネス企業「モンサント社」。そのモンサントの大株主がビル・ゲイツなのだ。

「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」

モンサント社を「遺伝子操作」「枯葉剤」などで検索して頂くと陰謀めいた話しが五万とでてくるのだが、要するにモンサント社は農業においてもっと重要な種子を販売する世界シェアを90%近く持っている。モンサント社が販売している遺伝子操作されたハイブリット種(F1種)はその名のとおり、優秀な生産性を持っているが、すでに十年以上前から、これが「悪魔の種」であるとの警鐘が鳴 らされ続けてきた。このF1種、一度畑にハイブリッド種を蒔種するなら、それは一代限りしか育たず、種を蒔いても劣悪なものに変わってしまい、永久に種を買 い続けなければならない。しかもこのF1種はモンサントの特許農薬とセット売りなのだ。その農薬こそベトナム戦争で使われた「除草剤」あの悪名高き「ラウンドアップ」、モンサントはその開発の当事者。このF1種、従来の野菜種と勝手に交配して、種をとれなくしてしまうものであり、この目的が、農民から種の再生産の機会を奪い、永久に モンサント社から種苗を買い続けなければならない構造を産み出すものだ。
既にインド、ブラジル、メキシコなどに進出したモンサントはこのF1種と交雑した品種にもモンサントの知的所有権が及ぶとして、零細農民に対し巨額費用のかかる訴訟を提起し、泣き寝入りにし向けてきた、まさに「悪魔の企業」であった。

実は我が国日本においても種苗を販売する会社の多く9割以上がモンサントやカーギルなどに経営権が買収されている。実質的にビル・ゲイツやロックフェラーの会社ということになる。これらの会社で販売されるF1種からは当然、収穫からの種苗の見返りはない。日本では唯一「野口種苗」だけが従来種を扱っている。

そこで話は昨年アメリカ上院で可決された上院510法案「食品安全近代化法」に関心を寄せて欲しい。恐らく下院でも通ってしまうだろうというこの法律は「米国の歴史で最も危険な法案」と言われている。この法律により、人々が食べ物を栽培し、売買し、輸送する権利に対し、米国政府は新たな権限を得ることになる。連邦政府の独裁的な規則を遵守せずに有機製品を輸送すると犯罪になる。さらに、種の貯蔵も犯罪になり代々受け継がれた種を貯蔵して家庭菜園をしている人は一般犯罪者になってしまう。これには、明らかに、モンサントなどの企業に種子を独占させる意図がある。様々なまやかしのような修正案をもってして下院も通過してしまうであろうこの法案は国(国民)が持つべき食糧供給の主権を奪われることになるのではないだろうか。

それと前記しているとおり日本の種苗販売会社のほとんどが買収されているのに加え、我が国では2008年に農地法が改正されて外国資本の日本農地買収が実質的に可能になっている。TPPでは単に物が動くだけではなくて「人」や海外の「権利」も入って来る。日本の伝統農業を貫こうとか無農薬農業など付加価値のあるメードインジャパンがあるといっているTPP賛成論の人もいるけれど、そんな物は一瞬で駆逐されてしまうだろう。外国の知的所有権を行使する弁護士が加入国に介入することもTPPの目玉なのだから....

隠して着々と「ノアの方舟計画」は遂行されている。世界の食糧支配こそがこれからの戦争なのかもしれない。実際、モンサント、ビルゲイツは私的な軍隊も持っている。イラクで民間人を殺した、あの悪名高き民間軍事会社ブラックウォーター(現在ではXe Services)はモンサントの傘下にある。

昨年の2月ビル・ゲイツは会合でこんな発言をしている、ちょっと衝撃だった。

「今、世界人口は68億で、90億に向かっているところです。さて、もし私たちがここで新たなワクチンや医療、生殖健康サービス(要するに中絶推進)を本当にうまく使えば、多分これを10%から15%程度は減らせるでしょう」

ワクチンが人の命を助けるという事には言及していないのだ。
1980年代にある調査機関が地球上の人口許容を10億人と割り出している。そのあたりから地球温暖化の人為説などで、環境ビジネス、健康ビジネスが盛んになって今まで金融やエネルギービジネスに関わる大物達やビル・ゲイツが大きな投資をしてきた。
自分たちの身の回りでも「子宮頸癌ワクチン」は本当に必要だろうかと聞いた事があると思う。

これからの問題は爆発する人口問題でその策が水や食糧の問題だと間違いなく思う。「ノアの方舟」の権利を有することで世界支配をしようとするのだから本当に恐ろしい事だ。

日本はこれまでに原子力、石油、金融という支配を否応無しに受けて来た。ここの食糧や生命に関わることが更に加わると、これは一種の戦争なのだ。
実際に日本に戦争が65年間なかったわけでもないと思っている。朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東総てアメリカの関わる戦争に日本は加担してきたし、北方領土、竹島、尖閣諸島の領土侵害や北朝鮮による拉致も国の主権を侵害された戦争なのだ。

我々が世界に平和を訴えたり、このような不条理な有様に「ノー」と言えるためには日本は真の独立をなしえないといけない。
しかし、原子力に反対する人や戦争に反対する人の多くに憲法改正を拒む人たちがいるのが不思議でならない。
憲法9条はこっちの人に、日米安保はあっちの人へといずれも戦後戦勝国に日本に打ち込まれた杭なのだから、世界の不条理にはっきり意見をするためにはしっかり真ん中の議論をしないとだめだと思う。
国連があるではないかと言う人もいるかもしれないので念のために確認しておくが、国連(UNITED NATIONS)とかの戦勝国(UNITED NATIONS)は同じです。未だに日本、ドイツ、イタリアは国連憲章にある敵国条項の指定国家になったままです。

| Nonsense 戯言 | 07:05 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/544
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■