海外には寝たきり老人はほとんどいないらしい


介護の現場で痛ましい事件が続いた、虐待からついに殺人まで…
平均寿命80歳以上の日本は長寿大国だ。そして寝たきり大国でもある。
どうしていままで生きてきて他人のストレスにならなければいけないのだろう...

欧米諸国にほほとんど寝たきり老人がいないと聞く...
アメリカの老人ホームではハンバーガーが出るそうだけれどけっして体にいい食べ物にも思えない。
福祉大国といわれるスウェーデンでは手厚い処置によって寝たきりが出ない…のではない。

海外で寝たきり老人が少ないのは「倫理観」の違い...

一般的に欧米諸国では高齢者が自分で物を食べることができなくなっても点滴や胃瘻処置は行わない。病気になったら点滴や注射は行わず、内服薬を処方するだけ。これは今の日本からするとちょっと衝撃的な実態のようにも受け取られるかもしれないが、医療費の削減や高齢者の切り捨てなどではなく、「胃瘻処置や点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的である」というゆるぎない価値観にある。「高齢者は寝たきりになる前に亡くなる」のが海外の寝たきり老人がいない真相らしい。
無理な延命をせずに自然な死を迎えることこそ、高齢者の尊厳を保つ最善な方法だと考えられている。

さまざまな延命治療を行う日本と、自然な死を受け入れる欧米諸国。
どちらが良い終末期なのかはもちろん判断できないのだけれど意思疎通の出来ない状態での延命措置も珍しくないらしい。家族の思い?とかそういう類。果たして本人が望むことなのだろかと疑問に思う。自分は嫌である。今ではこうした考え方を取り入れる日本人も増えてきて、「延命治療拒否」という意思を書面に残しておくこともできるそうだ。
介護や長期間の延命治療は、本人のみならず金銭的にも精神的にも家族にも負担がのしかかる。
自分や家族の終末について話しあっておくというのも大切かもしれない、元気なうちに。

追記、
昨年鎌倉の友達の作家、永峰英太郎氏が出した本とても役にたつと思うよ。
元気なうちに終末期を話し合っておくことはとても大事に思う。


「70歳を過ぎた親が元気なうちに読んでおく本」






*胃瘻(PEG)...PEGとは、内視鏡を使って「おなかに小さな口」を造る手術のこと。
(PEG=Percutaneous Endoscopic Gastrostomy : 経皮内視鏡的胃瘻造設術)
造られたおなかの口を「胃瘻(胃ろう)」と言い、取り付けられた器具を「胃ろうカテーテル」と言います。(カテーテル=管、チューブ)口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる栄養投与の方法です。しかしながら、この処置をするということは口からものが食べられなくなるということ。

| Nonsense 戯言 | 10:31 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/628
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2017年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■