若者参加の選挙!
新たに18歳、19歳の240万人という「投票する権利」を持つものが産まれる。
各党とも、この新しい有権者に配慮した「公約」を打ち出している。

しかし、今までは高齢者の投票率は高いけれど、若者の投票率は低かった。
今回新たに参加する有権者向けのサービス公約があるけれど、
「やっぱり若者は投票しない」となれば「若者支援」なんてのは絵空事
圧倒的に高齢者が多いのだから、「待機児童問題」も「将来の年金」も実現しない。

実際に政治をしているのは政治家だけれど、政治家を選ぶのは我々有権者
「国民」いや「投票する人」なのです。
これからのこの国にとって有益なことは若者が真剣に投票することだと思います。

さて、それならばどこの政党にどんな政治家に投票しようか
どんなに立派なことを言っても、どんなに美味しい「公約」をかかげようと
はたして約束は守られるのか、実現されるような働きが出来るのか…
それぞれの候補者の言い分を確認すること、政党の綱領をいま一度確認すること
出来るだけ多くの情報をバランスよく検討することが大事だと思います。

けっして見知った顔だから、テレビに出てるからなどという認知で選ばないほうがいい
「悪名は無名に勝る」といった総理がいたけれど、昨今の政治家の身体問題などみればね…

私信では共産党と共闘する民進党、社民党、生活の党と山本太郎と仲間たちとかには強く違和感を感じる。もちろんもともと公明党と選挙共闘する自民党にも不信感があるが…
自分は第三極たりえる候補者、政党に投票する。

選挙関連書籍








| Nonsense 戯言 | 06:55 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/632
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■