狂気(lunatic)と月(luna)


 狂気(lunatic)という言葉はラテン語の月(luna)を語源としている。
はるか昔から人間が月に大変な影響を受けてきた事がうかがえる。
明日、2017年6月9日の満月は夏至の直前に現れるストロベリームーン。

夏の始まりである夏至は一年で最も昼が長く太陽が高く登る時。
一方の満月は太陽の反対側にあって、太陽と地球を挟むように並ぶ、低いところに位置する。

ストロベリームーンはネイティヴアメリカがそのように呼んだ、赤くオレンジがかった満月。
夏至の頃の満月は太陽とは逆に低い位置にあって、夕日のように赤く染まって見える。
近年、ストロベリームーンを見ると「幸せになる」「好きな人と結ばれる」などと言われているが、しかし本来は古来より「狂気」がもっとも大きくなる…とも言われる。

なんだか今の世相にぴったりなんじゃないかとふと思った。
狂気が始まらなければ良いのだけど...
月のパワーで胸騒ぎがサワサワするのでした。






| Nonsense 戯言 | 09:29 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/648
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■