花魁淵の都市伝説


山梨県の甲州氏と北都留郡丹波山村の境に
「花魁淵(おいらんぶち)」があります。
谷の俗称であるその呼び名は戦国時代末期におきたとされる
55人もの遊女が惨殺された事件に由来し
別名「五十五人淵」とも呼ばれています。
そこは日本有数の心霊スポットとして有名で
数々の禍々しい心霊現象が伝えられています。



「花魁」とは遊郭で働いて遊女のこと。
遊郭では江戸時代に幕府によって公認された
吉原遊郭が有名ですが各地の宿場にも遊女を抱えた
遊郭が存在していました。
そこで働く女たちはお金のため売られた女たちで
多くは身体を売る過酷な労働環境からそのほとんどが
満期の開ける27歳まで迎えることが難しかったと言われています。



さて、戦国末期におきたと言われる虐殺事件とは武田勝頼の死による
甲州征伐の折、武田氏の隠し金山であった黒川金山を隠し続けるために
武田の金山奉行 依田の主導で、金山に従事した配下の下級武士と
金山労働者の相手をするためにあった遊郭の55人の遊女を皆殺しにすることに決め
酒宴の興にと称して柳沢川の上に藤蔓で吊った宴台の上で彼女らを舞わせ、
舞っている間に蔓を切って宴台もろとも淵に沈めて殺害したという陰惨な事件でした。



以来この地では今も舞い踊る花魁の幽霊が現れ災いをもたらすと言われ
数々の目撃や体験談があります。

表題に都市伝説としたのは、太平洋戦争末期に広島原爆の投下の際
当初の目的地は関東だったそうです。記録には天候不順のためにB29エノラゲイは
目的地を変更したとあるのですが、一説にはちょうど花魁淵の上空にきたB29の
搭乗員が上空から目撃した花魁の幽霊に驚愕して目的地を変更したという伝説です。

今回、SNSやメールマガジンで新作のアロハシャツ「花魁幽霊」柄の紹介をしたら
多数、その言われである「花魁淵」について質問があったのでブログを書きました。
幽霊のねたは江戸時代になってから多くの戯作や浮世絵などの作品になっています。
この夏にむけて、涼しい幽霊を着こなしてみてはどうでしょうw



FUKUWAUCHI Silk Noil Aloha 花魁幽霊








| Nonsense 戯言 | 03:37 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.fabfour.co.jp/blog/tb.php/655
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2018年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■