クリスマスの風景「何度も繰り返された言葉だけど、クリスマス、おめでとう」
1944年、メル・トーメとボブ・ウェルズの作
トーメによるとこの曲は焼け付くような真夏に
「涼しいことを考えて涼しくなろうとして」書かれた
最初の4行、クリスマスの頃の風景がとてもロマンチックに響く曲です。

ボブは歌詩を書くわけでもなく
ピアノの前で最初の4行、クリスマスの風景を書き留め
そこにトーメがやってきて40分ほどで曲を完成させたそうです。

歌詩をそのまま訳してしまうと分かりづらいかもしれないですが
最初の4行はこんな感じです。

 焼き栗売り
 ジャックフロストがあなたの鼻をつまんでいる
 聖歌隊がキャロルを歌っている
 人々はエスキモーのように着膨れている

Chestnuts roasting on an open fire, は暖炉のことではなくて
冬のニューヨークにみられる「焼き栗売り」、
Jack Frostは冬の寒さを運ぶ妖精のことです。

あと最後のほうに、To kids from one to ninety-two〜1歳から92歳までの「子供たちに」〜
とあります、大人でも子供でもクリスマスには神様にとって子供たちに違いない...
でもなんで92歳?93歳から上は?なんて疑問にかられますが
その理由はここでは、韻を踏んでるんですね。

  To kids from one to ninety-two,

Tu: という音を3つ繋ぐために、92歳!
歌を聴いていてとても心地よく感じる部分ですね。

そして最後に...
「何度も繰り返された言葉だけど、クリスマス、おめでとう」

ちなみに1940年代この頃のアメリカは戦争に出かけてお父さんの居ないうちが沢山あったのだろう
だからちょっと叙情的に聴こえてくるのかもしれない、これは歌詩の見えない部分。










| Nonsense 戯言 | 06:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
目に見えない大切なもの
ひかたま(光の魂たち)さんのblogより転載


このわんこ。

John Hwang

ミニダックスです。

18歳という高齢で

突然

家も

飼い主も

そして

視力も

失いました。


大切なものは
すべて失ってしまいました。


そして
保護施設へ送られました。




施設のスタッフが近づくと
ぬくもりを求めて
すぐに近寄り、

抱っこされると
必死になって
しがみついて
離れようとしません。


John Hwang

このスタッフは、
犬と共に床にひざまずき
犬に優しくキスをします。

とても愛情がこもっています。


John Hwang

このわんこも
深く大きな愛情を
確実に
感じ取っています。




動物には、
心の優しい人が
はっきりと
わかります。


John Hwang

動物たちは
人の言葉で表現できない深い愛情を
感じる能力があります。



心に抱く思いは、
見つめ合ったり
触れ合うことでも
相手に伝えることが出来ます。


心を込めて、
手を握り合ったり、
身体を抱きしめるのは、
身体ではなく
魂に触れるための手段の一つです。



愛情や優しさは
物質のように原子も分子もありません。

でも
原子がないから
存在が否定されることはありません。

火は熱く、光はまぶしいですが、
やはり
原子も分子もありません。

でも、
とても大きな影響を与えることが出来ます。



愛も優しさも同じです。
それは確実に存在し、
万物に最も大きな影響を及ぼしています。

もちろん
自分にも良い影響を与えます。






毎日、
あらゆる存在に優しくする時間を作りましょう。

すべての思い、
すべての言葉、
すべての行動に優しさを込めれば、

自分にも周囲にも幸せと豊かさをもたらし、
世界はさらに明るくなります。





地震の対策をしておきましょう。
10/28の尾張美濃の大きな地震の波動は回避されたかと思います。
それが小さくなるのか、いつどこに転化されるのか、
まだわかりません。
しっかりと備えだけはしておきましょう。








| Nonsense 戯言 | 02:05 PM | comments (0) | trackback (0) |
若者参加の選挙!
新たに18歳、19歳の240万人という「投票する権利」を持つものが産まれる。
各党とも、この新しい有権者に配慮した「公約」を打ち出している。

しかし、今までは高齢者の投票率は高いけれど、若者の投票率は低かった。
今回新たに参加する有権者向けのサービス公約があるけれど、
「やっぱり若者は投票しない」となれば「若者支援」なんてのは絵空事
圧倒的に高齢者が多いのだから、「待機児童問題」も「将来の年金」も実現しない。

実際に政治をしているのは政治家だけれど、政治家を選ぶのは我々有権者
「国民」いや「投票する人」なのです。
これからのこの国にとって有益なことは若者が真剣に投票することだと思います。

さて、それならばどこの政党にどんな政治家に投票しようか
どんなに立派なことを言っても、どんなに美味しい「公約」をかかげようと
はたして約束は守られるのか、実現されるような働きが出来るのか…
それぞれの候補者の言い分を確認すること、政党の綱領をいま一度確認すること
出来るだけ多くの情報をバランスよく検討することが大事だと思います。

けっして見知った顔だから、テレビに出てるからなどという認知で選ばないほうがいい
「悪名は無名に勝る」といった総理がいたけれど、昨今の政治家の身体問題などみればね…

私信では共産党と共闘する民進党、社民党、生活の党と山本太郎と仲間たちとかには強く違和感を感じる。もちろんもともと公明党と選挙共闘する自民党にも不信感があるが…
自分は第三極たりえる候補者、政党に投票する。

選挙関連書籍








| Nonsense 戯言 | 06:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
オバマ大統領広島訪問と70年前トルーマン大統領を投げ飛ばした日本人女性
オバマ大統領が献花をされて長い黙祷けして頭を下げる事はなかった
スピーチの中では広島、長崎への原爆投下は「人類の過ち」とした...
「人類の過ち」?なんですか?70年前のこととはいえ戦勝国アメリカの責任ではないのか?
原爆死没者慰霊碑に刻まれる「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」主語のない文章そのまま
無垢の自国民の頭の上で原爆を炸裂させたのは私たちの責任なんでしょうか...
「世界市民」をいうならば嘘はいけない。そんな感想をもった。

対話された日本原水爆被害者団体協議会の坪井さんが「大きな一歩」と笑顔で評価したのが救いなのだが
被爆者のみなさまもご高齢、未来のためにも真実が大事なんじゃないか...
オバマ大統領の「核なき世界」は嘘、ただの「核少なき世界」...その意味は世界秩序において意味深い。

5/28追記-------------------------------------------------------------------




オバマ大統領が27日現職大統領として初めて広島を訪問します。
はたしてオバマは「謝罪」なり「追悼」を被爆者にすることが出来るのだろうか…
大統領就任間もなくノーベル平和賞の受賞の要因となったプラハ演説の
「唯一原爆を使用した道義的責任」を広島で宣言出来ないのなら
「核なき世界」はまだまだ程遠い世界…
少なくとも残り少なくなった被爆者の方たちとの対面をはたして欲しいものです。

さて、今から70年前戦勝国米国において原爆投下の実行指示をしたトルーマン大統領を
柔道で投げ飛ばした日本人女性がいました。

以下、なべちゃりんさんのブログ、「なべちゃりん的な考え方?? 宜しければ、戴いて下さい♪」より転載いたします。
熊本県に林田民子という女性がいました。

明治37年生まれの民子は25歳の時に、ピクチャーブライド(アメリカに移民した男性と写真だけでの結婚)でアメリカに渡ります。

渡米の船の中で、講道館柔道から派遣された太田節三と出会い、渡航中と渡米後に柔道を習います。



当時は排日運動の激しかったアメリカで日米友好のため必死に働きますが、世界情勢は徐々に日本を開戦に追い込んでいきます。

太田節三と林田民子等は世界平和基金財団をつくり、敗色濃厚になった故国日本の今後のために、アメリカ政府に一生懸命働きかけます。

やがて、日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏をします。

その年の9月2日、ホワイトハウスに招待された林田民子はトルーマン大統領に小さな声で語りかけます。…



「大統領閣下、何故広島と長崎に原爆を投下されたのですか?」

「20万人を超える若いアメリカ兵の命を救うためです。」

「日本は既に無条件降伏を決めていました。何故、20万人ものアメリカ兵が死ぬのでしょうか?」

「抗戦派の抵抗も考えられ、これ以上戦争を長引かせては、若いアメリカ兵の命が危ないと判断したからです。」

「大統領閣下、貴方は嘘を言われています。マリアナにある戦略爆撃司令部は、ポツダム宣言に対する返事があるまでは原爆の投下はあり得ないと明言していました。」

「それは若いアメリカ兵20万人の命を・・・」

「大統領、貴方は日本が無条件降伏することを既に知っていた。それなのに、何故、原爆投下を命じたのですか?ヤルタ協定で日本に侵攻することになっていたスターリンへの警告のためだったのでしょう。」

「そんなことはない。すべてアメリカ兵20万人の命を守るためだ。」

「大 統領、貴方には日本人の命などどうでもよかったのです。原爆投下によって20万人以上の人間が死傷することは、初めからわかっていたのです。貴方が虫けら 同然と思っている日本人が20万人死んでも、貴方にはどうということはなかったのです。あなたは人体実験をしたかっただけなのです。スターリンに、アメリ カに逆らうとこの原爆がモスクワに落ちるぞと警告をしたかった。
ただそれだけのために20万人以上の日本人を犠牲にしたのです。20万人のアメリカ兵の命を守るためなんかではない!
大統領、貴方は今世紀最大の悪魔です!」



民子は大統領の胸ぐらに手を伸ばすやいなや、綺麗な背負い投げで投げ飛ばした。

叫びとともに音楽が止んだ。


慌てて民子を取り押さえようとしたスティムソン陸軍長官も一本背負い で宙を舞った。

全員が立ちすくんだ。


突然「バン!」と乾いた音がして、民子の胸が赤く染まった。

民子は胸に手をやり、音のした方向に視線を向けながら崩れるように床に倒れた。

林田民子は一命をとり止め、太田節三とともに収監された。

日本人ではあったが、林田民子はサザンパシフィック鉄道の役員であった こともあり、アメリカ独立戦争当時の功労者であるバニング家とのつながりもあり、世界平和基金財団の代表理事でもあることから、強制収容所送りを免れ、 OSS(米国戦略事務局)の研究員として終戦後の処理方法の研究に携わった。


あえて謝罪を求めないというのは日本人の美徳のように誤解されるが
本当は日本人そのものが敗戦を未だ受け止めず(反省せず)
曖昧なまま戦後のレジュームに国を委ねてきた...だから戦わずともアメリカの戦争に加担してきたといって過言ではないでしょう。

広島には様々な有名人が慰霊に訪れていますが、1959年キューバ革命に成功したチェ・ゲバラがキューバ使節団として来日、日本政府の反対をおして広島を強行訪問しています。そして...


「工業の再建には目を見張るものがある。だが民族的誇りが失われていると感じた」
「この恐るべき現実を見たからには、広島と広島の人々を一層愛したいと思った」
「日本人は、米国にこんな残虐な目に遭わされて怒らないのか」
「なぜ日本は米国に対して原爆投下の責任を問わないのか」

以上のように述べて、広島から妻のアイレダにハガキを送ったそうです。
そこにはこのように記されていました。
「広島のような地を訪れると、平和のために断固闘わなければならないと思う」

さて、オバマ大統領にまたは米国の指導者たちにこうした覚悟があるのでしょうか...期待したいところです。








| Nonsense 戯言 | 11:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
Pilgrims Progress  PROCOL HARUM『巡礼者の旅』


ピルグリムズ・プログレス(Pilgrim's Progress)は1684年のジョン・バニヤンの寓意書 The Pilgrim's Progress『天路歴程』に由来しているのかは定かではないけれど、プロコルハルムでは放題に「巡礼者の旅」となっています。プロコルハルムには結成当時から作詞専門のメンバー キース・リードという詩人がいました。1977年の解散、その後の再結成の時にも正式メンバーとして名を連ねています。
英国のクラシカルロックの代表にしてムーディブルースと同じくプログレッシブロックには分類されることはないのだが、ゲイリーブルッカーの唄とピアノ「青い影」に代表されるオルガンのマシューフィッシャーとのハーモニーにキースの詩世界....たまりませんね〜。
恐らく自分が最後に残すアルバム5枚に入る大好きなアルバム「A Salty Dog」の中で更に好きな曲の一つ翻訳してみました...ところどころ間違っているかもしれませんがw

Pilgrim's Progress

I sat me down to write a simple story
which maybe in the end became a song
In trying to find the words which might begin it
I found these were the thoughts I brought along

シンプルな物語を書こうと腰をおろして
たぶん、それで唄が生まれることになったんだろう
言葉を探すことは、それとともに
思考を繰り返すということをもたらした

At first I took my weight to be an anchor
and gathered up my fears to guide me round
but then I clearly saw my own delusion
and found my struggles further bogged me down

はじめに、わたしの重い碇をおろして
さまざまな不安もかき集めて活路をもとめた
それで、迷いははっきりしたけれど
苦悩は泥沼にはまり込んでいることに気づいたんだ

In starting out I thought to go exploring
and set my foot upon the nearest road
In vain I looked to find the promised turning
but only saw how far I was from home

探求の旅に出ることにした
一番近くの道に足を踏み入れて
救済への分れ道を求めて探し歩いたけれど
それはただ空しく、家から遠く離れただけだった

In searching I forsook the paths of learning
and sought instead to find some pirate's gold
In fighting I did hurt those dearest to me
and still no hidden truths could I unfold

旅の途中で学ぶことを放棄して
代わりに海賊たちの金を探すことにしたけど
その戦いの中で自分にとって最も大切な人々を傷つけてしまった
そしていまだに真実を見つけることも出来ていない...

I sat me down to write a simple story
which maybe in the end became a song
The words have all been writ by one before me
We're taking turns in trying to pass them on
Oh, we're taking turns in trying to pass them on

シンプルな物語を書こうと腰をおろして
たぶんそれで、唄が生まれるんだろう
言葉はすべて私の存在よりも遥か以前に誰かによって書かれたもの
わたしたちはかわりばんこにそれを伝えていこう
みんなで交代しながら伝えていけばいいんだ

Words by Keith Reid









| Nonsense 戯言 | 01:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

■CONTENTS■
■NEW ENTRIES■
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2017年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■